脱水状態の分析と対応策


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    

どうやら脱水癖があるらしい私。

過去2回のフルマラソンはゴール後にしびれを発症→救護へ。
そして今回、ハーフマラソンのゴール後にしびれを発症、初の脱水状態になってしまいました!→スポドリを徐々に飲んでいき30分ほどで自力回復。

原因が給水不足というは分かっているので、具体的にどれくらい給水量が必要が調べてみました。

まずは、過去の大会データ(runtastic)で表示される気温失った水分の一覧です。

<一番下が失った水分>
ランタ(失った水分)

<10km大会 所要時間:約1時間程度>
 8℃ 599ml
12℃ 748ml
15℃ 755ml
19℃ 983ml

<ハーフ大会 所要時間:約2時間程度>
 5℃ 1,255ml
 8℃ 1,363ml
 9℃ 1,444ml
15℃ 1,718ml
20℃ 2,036ml
20℃ 2,303ml
22℃ 2,199ml

<フルマラソン大会 所要時間:約5時間程度>
6℃  2,769ml
22℃ 4,434ml

当然のことながら、気温が高いほど&運動時間が長いほど、失う水分量は増えてきますね。



スポンサードリンク


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    





睡眠記録(ねむり時間計)


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    

ねむり時間計を購入して、早10日が過ぎました。ぐー
掛川・新茶マラソンのために外泊した以外の日は、三日坊主にならず記録し続けています。

オムロンのねむり時間計(HSL-002C)



始めの数日間は、ねむり時間計で記録を取っているという変なプレッシャークッキーモンスターで、寝るのに時間がかかっていましたが、今や寝る前の儀式みたいな感じに!


記録を続けていくと、面白いデータが採れていくわけで・・・


スポンサードリンク


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    





タニタ 体組成計インナースキャン


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    

ランニングを始めてから体重が徐々に減ってきました♪
男性でもこれはとっても嬉しいことですが、中身が伴ってるのか(体脂肪率や内臓脂肪など)気になってきます。

そこで、ねむり時間計に続く、体調管理ツール第2弾!



体組成計です!ガッツ



体組成計は、オムロンやタニタ、パナソニックなどから、いろんな種類が出てましたが、こちらを自分の相棒とすることにしました!

TANITA 体組成計 インナースキャン(BC-569)



やっぱり毎日使うので、続けられること、飽きないこと、便利なこと、これがポイントですよね。


・続けられること
 ⇒体組成計に乗るだけで自動オン!そして、登録個人データを自動判断!

最近の体組成計は凄いですね〜。電源入れる行為や、登録データを呼び出す操作も不要。朝の忙しい時でもホンの数秒で記録可能です。


・飽きないこと
 ⇒体に関するいろんなデータが取れること。

体重と体脂肪率は当然必要ですが、筋肉量・基礎代謝量・内臓脂肪レベルまで9種類のデータが取れてとっても楽しい♪
あと、専用のiphoneアプリがあるのも○(手入力ですが・・・)


・便利なこと
 ⇒SDカードでデータ登録。パソコンに取り込んで記録管理が出来ちゃう!

ここは少し妥協した部分です。。。
Androidなら携帯を体組成計に乗せるだけで取りこむものもありますが、自分はiphoneなので不可。
(⇒オムロン 体重体組成計 カラダスキャン HBF-252F-R

bluetoothで反映するものもありますがちょっとお値段が高い。
(⇒タニタ Bluetooth通信 体組成計 インナースキャン BC-505PR

であれば、せめてSDカードでデータが残せるというこの機種を選択しました。


スポンサードリンク


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    





ねむり時間計(オムロン)買っちゃいました!


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    

ジョギング&マラソンを始める前と始めてる現在とで決定的に違うのが、自分の健康や体調管理についての関心ですね。

凝りだすと徹底的に追及してしまう性格が災いして、こんなものを購入してしまいました!

オムロンのねむり時間計(HSL-002C)



寝てる時の自分って良く分からないので、「1日のねむりが見える」というフレーズにひかれちゃいました。


使い方はとっても簡単♪ぐー

1.寝る前にボタンを押して「スリープ」モードへ。

2.あとは枕もとに置くだけで寝ちゃえば終了。

3.そして、朝起きたらBluetoothでデータをらくらくiphoneへ。

4.iphoneにダウンロードしたねむり時計アプリでデータを表示。


そしたらこんなグラフが見られます。睡眠時間や寝返りマークなど。
ねむり時間計
むむむ。面白いなぁ。
睡眠中の寝付き&寝返り&睡眠時間等を測定してくれる変わった家電です。


難点は、測定されてると思うと気になって眠れなくなってしまうことでしょうか?しょんぼり
(※ちなみに自分は、のび太並みに寝つきが良いので有名なので心配無用!)


まだ2日目ですが、こういうのはデータを蓄積すればするほど興味深くなってくるもの。
今後、データ分析などして自分の睡眠傾向を把握したいと思います!



スポンサードリンク


☆ブログランキングに参加しています。クリックで一票!
    





1

スポンサードリンク

profile

更 新 履 歴

■体調管理

カテゴリー

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

おすすめリンク

過去ログ

サイト内検索

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM